神経痛とは 肋間神経痛とは 坐骨神経痛とは 三叉神経痛の治療 肋間神経痛の注意点 肋間神経痛の主な原因 肋間神経痛の原因 肋間神経痛の症状 三叉神経痛の症状 視床痛 心因性疼痛 舌咽神経痛とは 坐骨神経痛の症状 顔面神経痛とは 坐骨神経痛の原因 上腕神経痛 三叉神経痛の原因 後頭神経痛とは 三叉神経痛とは

神経痛とは




神経痛とは、末梢神経の経路に沿って起こる激痛です。
神経支配に関係なく現れる痛みは、漠然と用いられることが多い病名ですが、
医学的にはいくつかの特徴が見られる場合だけを神経痛と定義しています。

◇神経痛の特徴
・鋭く激しい痛みが突然、特定の末梢神経の支配領域に出現します。
神経痛の発作は1回につき数秒から数分間で終わることが多く、無症状の時間をはさんで繰り返し出現します。

・痛みが起こる末梢神経の支配領域に刺激を加えると、痛みを
誘発する圧痛点とよばれるポイントが認められます。また、咳やくしゃみを
した際に痛みが引き起こされる場合があります。体を曲げるといった、
ある決まった姿勢をとると痛みが起こる場合もあります。

◇主な神経痛
三叉神経痛、舌咽神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、後頭神経痛、
顔面神経痛などがあります。

◇神経痛の分類(症候性と特発性)
神経痛は、特発性神経痛と症候性神経痛に分けることができます。
特発性神経痛は、原因となる病名がはっきりせず、神経痛が病名として
つけられる場合です。
知覚や筋肉の運動、反射といった末梢神経の機能を調べる神経学的な検査を
実施しても、痛み以外の症状は認めることはできません。
一方症候性神経痛は、診断や検査によって神経痛の背景にある病気が明らかで、
その一症状として痛みが現れる場合です。腫瘍、炎症、外傷、骨の変形など、
何らかの病気が末梢神経を刺激して、痛みを起こしています。神経学的な
検査をすると、痛みのほかにも、ふるえ、しびれ、筋萎縮といった
神経症状がみられることもあります。
三叉神経と舌咽神経痛には、それぞれ特発性と症候性の2タイプがみられ、
肋間神経痛と坐骨神経痛は症候性タイプがほとんどです。しかし、
症状だけでは症候性と特発性を見分けることが困難なため、判別には
詳しい検査をする必要があります。
症候性神経痛と特発性神経痛に分類するのは、治療の方法が違うからです。
症候性の場合には、原因となる病気の根本的な治療が開始され、並行して
痛みを抑える対症的な治療が一般的です。
特発性であれば、最初から痛みを取り除くための治療が実施されます。
ただし、原因となる病気が治っても、神経痛が後遺症として残ってしまった
場合には、特発性神経痛として扱われることになります。

肋間神経痛とは




肋間神経痛とは、肋骨の間にある神経が痛む病気で、神経痛の一種です。

肋間神経痛は原因がわからない場合もあるのですが、肋間神経が骨や
筋肉に圧迫され、そこから炎症を起こすことも肋間神経痛の原因といわれています。

またそれ以外の原因として、肋骨の骨折やひび、背骨の変形やかぜ、
肋骨カリエスや癌など、さらには狭心症が原因で肋間神経痛が起きる
場合などがあります。

肋間神経痛の痛みは、発作的に現れたり、継続して痛む場合があります。
息をすることや歩くことなど、日常の様々な動きの際に激痛が走ります。
また、手を伸ばしたり、咳をする程度のことでも激しい痛みが走るそうです。
本人にとっては、本当に息も出来ない程の痛みです。
特に胸の痛みは我慢できるものではありませんので、日常生活に支障が出てくることもあるかもしれません。

自分診断は危険ですので、もし肋間神経痛を疑う症状があれば、早めに専門医の診察を受けてください。


坐骨神経痛とは




坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が合わさった非常に
太い神経です。
坐骨神経は、抹消までの長さは1m以上もあり、臀部から太ももの後ろ側を
通り膝の近くで、すねの方とふくらはぎの方と二またに別れて走行、
足の甲と足の裏へ続いています。

坐骨神経は腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、
大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢〜足裏に
走行する、人体の中で最も大きい神経です。

坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、
臀部の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を
受けた為に発症するのです。

坐骨神経は腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出る神経の束が
合わさって、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上
(大腿の下3分の1の高さ)で前後とに分かれて走行しています。
歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から
脊髄を通り、下肢の動きに関してはこの坐骨神経(末梢神経)に無意識に
指示が出ているのです。また、下肢の皮膚感覚にも大切な働きをしています。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。